蟻穴

カチャン、と扉の鍵を締める音が響く。擦れたピアノ線が弾けるみたいに、緊張が一気に弛緩する。ばちん、と頭の中でその音を鳴らしながら、センサーに反応した自動ドアをくぐる。あなたが店に入ってきた時には、真っ暗闇に羽虫のようなネオンがばちりばちり…

音が聴こえた。こわれるおと。 はじけるおと。 ちぎれるおと。 ほつれるおと。全部聴こえた。全部僕が鳴らした。楽器を弾いたつもりで。

午睡

私は他人の目にどう映っているだろうか。 所謂客観的な視点というやつだが、こいつは意外と摑みどころがない。今だってそうだ。平日の昼下がりに都会の大通りを歩く私を、行き摺りの人々はどう思っているだろうか。学生とも社会人ともつかぬぷかぷかとした服…